FC2ブログ

整体院スタッフのよもやま話

.06

[院長きいち]記事

花見と散策(桜満開) 

3日の憲法記念日に臨時休業を利用し花見と散策をして来ました。

前日の2日のラジオから「札幌の円山公園の桜も良いですが、
小樽の『手宮公園』の桜も満開で、お花見のお客さんも少なく
ゆっくり見学が出来る最高のスポットです」とのリスナーの
方からの投稿が紹介されておりました。

丁度、実家に帰る予定でしたので、小樽の手宮公園、余市町の
川沿いの桜を見学する事にしました。

また、以前から一度は行って観たかった余市町の番屋や
運上家等も見学することが出来ました。

高校生時代(余市に通学)にも見学したこともなく、この年になって初めて
見学することが出来ました。
もっと早く見学しておくべきだったと後悔しています。

【小樽の手宮公園の桜です】
  DSC_1259_convert_20190506114211.jpg 眼下には小樽港~石狩湾が望めます。

  DSC_1261_convert_20190506114246.jpg
 
  DSC_1264_convert_20190506114308.jpg お花見のお客様も少なくゆっくり出来ますね。

  DSC_1267_convert_20190506114353.jpg 紅色の八重咲きで「ナデン(バラ科)」と言い、八重桜の中でも最も早咲きだそうです。

  DSC_1269_convert_20190506114419.jpg 「コブシ」ですかね? 大分散って来ていましたね。

  DSC_1271_convert_20190506114443.jpg 「レンギョウ」です。早春に咲く代表的な花木です。モクセイ科で中国原産で寒さに強い花木の様ですね。

  DSC_1273_convert_20190506114508.jpg 梅の木です。北海道は本州と違い、桜と梅が同時に咲きますね。

※今回初めて「手宮公園」で満開の桜を観ましたが、眼下に小樽港から石狩湾を眺めることが出来、
  ラジオのリスナーさんが仰っていたようにゆっくり見学出来て花見には最高な場所の一つですね。

【余市川沿いの桜並木です】 
  DSC_1279_convert_20190506114531.jpg 余市川には天然の鮭、鮎が遡上して来ますよ。この対岸に「ニッカウイスキー余市工場(NHK「マッサン」でお馴染みですね)」があります。

【余市町観光】
  DSC_1287_convert_20190506114640.jpg 国指定史跡「旧余市福原漁場」 番屋と呼ばれ漁期には多くの出稼ぎの漁夫(ヤン衆)を雇いました。

  DSC_1285_convert_20190506114616.jpg 福原漁場の裏側から観ました。明治時代の建物です。

  DSC_1291_convert_20190506114827.jpg 福原漁場の裏側から観た全景ですが、この他に倉庫群があります。

  DSC_1292_convert_20190506114851.jpg 昭和30年頃迄使用していた漁具類のほんの一部です。

 ※NHKで放送された「マッサン」で使われた道具類などはここで保管されているものが使われたとのことです。

  DSC_1284_convert_20190506114555.jpg 余市水産博物館に展示されていた昭和時代に使われていた小舟と船を陸上に上げる道具(名前は忘れましたが小生にとっては懐かしいモノ)です。

  DSC_1293_convert_20190506114915.jpg 国指定史跡(重要文化財)「旧下ヨイチ運上家」です。嘉永6年(1853年)に改築された建物が166年経過して現在に至るとのことです。中も凄く立派な建物ですよ。 尚、この建物は嘉永6年前に建てられていた当時の図面を元に復元されたとのことです。 

  DSC_1297_convert_20190506114957.jpg この玄関を「遠山の金さん」の父親(文化3年:1806年:目付遠山金四郎景晋)が利用し滞在したようです。 玄関先から裏側が観えますが池などもあり本当に立派な建物ですね。

※(参考)江戸時代のヨイチ関係年表から 
  1603年(慶長8年)徳川家康が征夷代将軍となる
  1635年(寛永元年)上ヨイチ場所、史料に登場

※運上家とは
  運上家は江戸時代、松前藩が行っていたアイヌ民族との交易を請け負った商人が経営の拠点とした建物で、蝦夷地の各場所  に建てられました。旧下ヨイチ運上家は請負商人である竹屋林長左衛門により建てられた現存する唯一の建物です。 (余市町HP参考)

【おまけ】
  DSC_1294_convert_20190506115637.jpg 江戸時代(?)に使われていた地名の様です。今の地名とは大分違う所が多いですね。

  
  
















スポンサーサイト

NEXT Entry
苗植えの準備(2019年)
NEW Topics
観葉植物
初収穫
イチジク(鉢植え)
スリッパ夏バージョンへ
藤の花

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

院長きいち

Author:院長きいち
くしびきカイロプラクティック ていね整体院
札幌の手稲区にて開業しています。

スタッフ2名(院長・受付事務)の小さな院ですが、自分で言うのは何ですが、元気な笑顔の絶えないふたりです。

是非、ブログ同様のぞいてみてください。笑顔がふたつお迎えしますよ!







検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ