整体院スタッフのよもやま話

.02

[院長きいち]記事

石原裕次郎記念館

昨日(8月1日)、小樽にある昭和の大スター「石原裕次郎」のゆかり
の品を展示している「石原裕次郎記念館」に行って来ました。

残念なことに今月31日で閉館することになっています。 

会館入口には等身台の石原裕次郎パネルが出迎えてくれ、更に中に
入ると「西部警察」で使われていた車やバイクと「裕次郎」「渡哲也」
「舘ひろし」のパネルも出迎えてくれました。

料金(1,500円)を支払い更に奥に。
「裕次郎」が出演した主な映画のワンシーン等が上映、石原プロが
制作した「黒部の太陽」のセット、裕次郎が実際使用していた愛車や
衣装、洋服、アクセサリー、ヨットの内部、そして住まいの一部を再現
した物などを展示していました。
(残念ながら、内部は写真撮影が禁止でしたので写真はありません)

昔、裕次郎が主演した幾つかの映画を観ましたが「黒部の太陽」は
良く記憶している作品の一つです。

この映画の重要なシーン(トンネル工事)を実際に請負った「熊谷組」
に友人が勤めている関係で、10年程前にその本社で上映された
「黒部の太陽」を視聴することが出来ました。

その時、石原裕次郎が演じた主人公役のモデルとなった笹島氏
の挨拶もあり、当時大変なご苦労があった事を再度認識しました。

残念ながら会館の閉鎖は諸事情(寒冷地での建物の維持・管理、
映像機器の製造中止等々)の結果とのことで「良き昭和の時代」が
また一つ、消え去ることに寂しさを覚えています。

会館閉鎖まで今月一杯まで、まだ日数がありますのでご覧になり
たい方はお早めにどうぞ! 

【石原裕次郎記念館】
  DSCN4973_convert_20170802200955.jpg 「石原裕次郎記念館」玄関前です。
 
  DSCN4975_convert_20170802201038.jpg DSCN4976_convert_20170802201102.jpg 石原裕次郎パネルとまき子夫人の閉館挨拶文です。

  DSCN4977_convert_20170802201128.jpg DSCN4980_convert_20170802201154.jpg 
  DSCN4981_convert_20170802201222.jpg DSCN4982_convert_20170802201252.jpg西部警察で使用された車とバイクの傍に等身大のパネルが有ります。

  DSCN4988_convert_20170802201321.jpg 映画のポスターです。

  DSCN4971_convert_20170802201420.jpgDSCN4974_convert_20170802201444.jpg 記念館前の広場に設置されています。 
  DSCN4968_convert_20170802201351.jpg DSCN4969_convert_20170802201523.jpg 大型トラックに積み込まれたライト等です。







  



スポンサーサイト

NEXT Entry
ブルーベリーの実 収穫
NEW Topics
大雪(今シーズン:2017年11月)
マルメロジャム(2017年)
タイヤ交換(夏→冬)
我が家の小さな紅葉
ほうき草(コキア:2017年)

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

院長きいち

Author:院長きいち
くしびきカイロプラクティック ていね整体院
札幌の手稲区にて開業しています。

スタッフ2名(院長・受付事務)の小さな院ですが、自分で言うのは何ですが、元気な笑顔の絶えないふたりです。

是非、ブログ同様のぞいてみてください。笑顔がふたつお迎えしますよ!







検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ