整体院スタッフのよもやま話

.05

[院長きいち]記事

ウニ丼

昨日、定休日を利用し田舎に帰省して来ました。

帰省理由は親戚(従弟で漁師を営んでいる)から「『ウニ』を
貰ったので取りに来て!」との実家からの連絡でした。

6月~8月の3ケ月間は「ウニ漁解禁」時期です。
この時期は多くの観光客が「積丹」の「ウニ丼」を食べるためと
「積丹ブルー(海の色がブルー)」を見学に訪れます。 

お陰で土・日曜日の積丹方面への国道(229号)は大変混みますね。
混んでいる時は小樽(塩谷)と余市間は「フルーツ街道」を利用しています。
塩谷~余市間の距離は国道より少し長いですが時間はかなり短縮できます。
お急ぎの方は「フルーツ街道」を通る事をお勧めいたします。

ところで、漁師側の立場からコメントしますと、3ケ月間で「ウニ漁」が
可能なのは僅か3週間~1ケ月程度です。 

理由は小さな小舟で岩場周辺にある「ウニ」を獲る為、少しの
波と風があると出漁が出来ないのです。

その為、どうしても「ウニ」の値段が高価になってしまいますが
新鮮なウニを食べることで「美味さが勝り、値段では無いことが
分かります」よ。
是非、旬な時期に美味しく召し上がって下さい。

親戚が苦労して獲った「ウニ」に感謝して美味しく
頂きました。 感謝・感謝 

【頂いたウニなどです】
  DSCN4954_convert_20170707192243.jpg 頂いた「ウニ」をザルに入れています。 
  DSCN4956_convert_20170707192311.jpg 「ウニ丼」として頂きました。やはり美味しいですね。

  DSCN4951_convert_20170707192201.jpg DSCN4952_convert_20170707192221.jpg 他に「カニ」を10匹頂きました。このカニは地元では「ヘラカニ」と言って刺し網に掛かるカニで多くは地元で食べるので余り市場には出ないと思います。

  DSCN4950_convert_20170707192131.jpg また、「甘エビ」も頂きましたので感謝しながら頂きました。




スポンサーサイト

NEXT Entry
家庭菜園(2017年 No3)
NEW Topics
大雪(今シーズン:2017年11月)
マルメロジャム(2017年)
タイヤ交換(夏→冬)
我が家の小さな紅葉
ほうき草(コキア:2017年)

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

院長きいち

Author:院長きいち
くしびきカイロプラクティック ていね整体院
札幌の手稲区にて開業しています。

スタッフ2名(院長・受付事務)の小さな院ですが、自分で言うのは何ですが、元気な笑顔の絶えないふたりです。

是非、ブログ同様のぞいてみてください。笑顔がふたつお迎えしますよ!







検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ